2021年02月18日

【Padres】タティース Jr が長期契約合意の模様!

確かまだ2シーズンぐらいしか活躍していませんが、若いうちに確保するために 10 年契約とか言われていたタティースですが、なんと 14 年契約で合意の模様! その価格は $340M、3 億 4000 万ドルですから、1ドル 100 円で計算しても 340 億円。単純に割っても、年 20 億円以上?!

若手を育てては放出、を繰り返してきたパドレスですが、マチャードのおかげで本気で戦う、という意思の表れでしょうか!?

トレード拒否権は、まさかつかないでしょうけど、かなり思い切った勝負ですから、今シーズンから地区4連覇、うち2回はワールドシリーズ進出、1回はワールドシリーズ制覇、ぐらいの勢いで行って欲しいです。MLB パワーランキングではドジャースに次ぐ2位となっていますので、まずは地区内の戦いを大事に!!
posted by masa at 11:26| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

【Texans】JJ ワットをリリース

テキサンズが、両者合意のもと、JJ ワットをリリース

チャージャースには、リーダーシップのある選手が少なく思えるので、パドレスのような「なりふり構わぬ補強」をチャージャースも行って、ワットを獲得して、ボサと組むことになれば、それはすごく面白そうですが、それは夢であり、そんな補強をするスパノス家ではないでしょうね。チーム立て直しへ、あるいは地区優勝へ、あるいはスーパーボウル出場へ、またはスーパーボウル制覇へ、鬼気迫るものは、ありませんから。

あと、ついでにレイダース、WR タイレル・ウイリアムスをリリースするようです。肩の負傷が主な原因のようですが、怪我しなければ、もっと活躍していたでしょうね。
posted by masa at 09:14| サンディエゴ ☁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

【Chargers】ハービー ROY

第 55 回スーパーボウルが始まっていますが、チャージャースのルーキー QB は、無事ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得

数字も素晴らしいですね。チャージャースのメールでは、次の記録が書かれていました。

・NFL 史上初の、ルーキー QB による 31 TD パス!
・NFL 史上初の、ルーキー QB による計 36 タッチダウン!
・NFL 史上初の、ルーキー QB による 396 パス成功!
・1 シーズンで 30 TD パスを成功させた、NFL 史上最も若いプレーヤー、22 歳 299 日!

ステイリー HC がチームをまとめて、2022 年 2 月 13 日のソーファイ・スタジアム決戦に進めるでしょうか?! 史上2チーム目の、スーパーボウルをホームスタジアム開催として。

少なくとも今の時点では、夢がふくらみますね!
シーズンが始まると毎年アレですけど・・・。
posted by masa at 09:15| サンディエゴ 🌁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

【Chargers】マーティー・ボール

かつてチャージャースを「マーティー・ボール」で常勝軍団へと導いた、マーティー・ショッテンハイマーさんの容体は安定。先に Twitter でリリースを見ましたが、NFL Japan が日本語にしていました。

数字的にも、ものすごい成績ですね。こういうコーチがまた現れて、もしかしたら「面白くない」と言われるのかもしれませんが、まずはチームが勝つことが願いですから、楽しませていただきたいです。
posted by masa at 09:41| サンディエゴ ☁| Comment(1) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

【Rams】ゴフ放出!

チャージャースと同じロサンゼルス・ソーファイ スタジアムを本拠地とするラムズ、いくら HC と QB の仲が良くなかったとか、不安定なゲーム展開の QB になってしまったとか、そういうことでも、まだ若いゴフを放出するとは・・・。

相手はライオンズからの放出を希望していたスタッフォード 32 歳、しかもゴフに加えて今年の3巡、来年の1巡、再来年の1巡を放出するという謎トレード。いや、私がラムズを知らないだけかもしれませんが、はたからみたら、ラムズ、それはないでしょう。

これでいろいろな問題が双方解決するのかも知れませんが、仮にラムズが失速するなら、LA でチャージャースが注目される時が来る??
posted by masa at 09:49| サンディエゴ ☁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

【Chargers】リバーズ?

このところメディアでリバーズを褒め称えまくっている様子のチャージャースですが、従来お決まりだった、最後に1日だけ契約してチャージャースのリバーズとして引退してもらう、的なことは、していないようですね。もっと前から、チャージャースとはそういうチームだったのですが、スーパーボウル進出すらない QB となってしまったのは、イーライのせいでしょうか?

振り返りをみると、こんなにそうそうたるメンバーがいて、かなわないとは。ボビー・ロス&スタン・ハンフリーズ&ネトロン・ミーンズの強さがより際立つ??

スティーラーズのビッグベンは、少なくとももう1年はプレーしそうな気配ですから、Ring #3 のチャンスあり。
posted by masa at 09:38| サンディエゴ ☔| Comment(4) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

【Colts】フィル引退

「チャージャースでも」「現セインツのブリーズを追い出すほどのタレントで」活躍し、今シーズン、コルツをプレーオフへと導いた背番号 17、フィリップ・リバーズがキャリア 17 年で引退。今シーズンの活躍を見ると惜しい感じもしますけど、次の道が決まっている以上、自然な流れなのでしょう。ビッグベンは現役続行の可能性がまだ十分ありますが、イーライとリバーズが引退で、その時代は終わりつつありますね。

チャージャースは新 HC にステイリーさんを迎えましたが、確かに写真の角度によってはリバーズ HC に見えますねぇ。目元あたりでしょうかねぇ。

もしもっと将来、リバーズが NFL にコーチとして戻るなら、どこがいいのでしょうか? LT がコーチとして呼ばれないことを考慮すれば、チャージャースはなさそうですね。
posted by masa at 08:42| サンディエゴ ☁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

【Padres】地元出身先発投手を獲得

パドレスが先発右腕を獲得。ピッツバーグ・パイレーツの、キャリア 29 勝 38 敗、防御率 4.33 の 28 歳、ジョー・マスグローブさん。将来性があるようですが、代わりに放出は若手で、OF ハドソン・ヘッド、右腕 デビッド・ベッドナー、左腕オマー・クルーズ、右腕ドレーク・フェローズ。関連してニューヨーク・メッツにジョイ・ルチェッシを送り、パイレーツはメッツからロドリゲスを獲得。

マスグローブ投手はエル・カホン出身のようですが、まさかそれだけでは獲りませんよね? 昨シーズンに怪我で2週間ほど欠場してから、素晴らしいピッチングをしたことにより、今シーズンのブレイクアウトの有力候補となっていたようです。先発ローテでの開花を狙うようです。

放出したルチェッシは 2018、2019 と活躍しましたが、2020 は出番も少なくなったため、放出されたようです。他の若手も、数揃え以上のチャンスはあったようですが、相次ぐ補強によりあふれた、ということみたいです。

スネル&ダルビッシュ級では全然ありませんが、また1人、先発投手が加わりましたから、ますます田中投手の日本復帰が現実に近づいた、と言えるでしょうね。「MLB 契約より高額になる強い興味」を日本から得ている、ということなので(1月18日時点)、どうやらパドレス入りはなくなった、と言って問題ないでしょう。万一のことがあるならば、2022 シーズンは超豪華5本柱でしょうか??
続きを読む
posted by masa at 13:32| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

【Chargers】新 HC 決定

ロサンゼルスを本拠地とするチャージャース、同じロサンゼルス、同じスタジアムを使っている、どちらかと言えば資金関係で親会社的であると言えるラムズさんの DC、ブランドン・ステーリーさんを HC として獲得! 引越しとかの都合が良くて良いですね。もちろんカンファレンスが違いますから、そんなに直接対決はなく、記憶では来シーズンも対決はありません。

上記リンク先の NFL Japan の記事で気になるのは「ラムズにはステイリーを他へ行かせる意向はなかった」ですね。引き止めることはできないけれど、有力なチームに行かれるよりは・・・? カンファレンス違いだったのが有利に働いたでしょうか。

ディフェンス系 HC を獲得して正解だとは思いますが、本日の KC、アンディ・リードの采配を見ると、果たしてそこまでできるのか、どうなるのか、注目です。

そのプレーとは、もちろん、


続きを読む
posted by masa at 16:16| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

【Padres】大塚投手が第3位

パドレスの国際選手ランキング、ベスト5の第3位に大塚投手がランクイン

もうすでに大昔といってもいいかもしれないレベルですが、投手王国時代のパドレスは、大塚投手・ラインブリンク投手、そしてレジェンドのトレバー・ホフマンとつないでの勝利の方程式がありましたから、なんとか6回まで1点でもリードしていれば勝つ、そういうチームでした。貧弱打線を投手力、主にブルペンでカバー。ある意味、夢があるチームでした。

2004 年に 32 歳でメジャーデビュー。来シーズンの菅野投手のようでしょうか。強烈なインパクトがある割には、パドレスでは2シーズンしかプレーしていないようですね。のちにドジャース行きのエイドリアン・ゴンザレス+クリス・ヤング投手とのトレードで放出となったようです。

そういえば、1994 スーパーチャージャースでミーンズのバックアップ RB として活躍したと思ったビエネミーですが、数字的にはそうでもなく、チャージャース在籍も短く、新 HC に最適かと思ったら、他に取られそうですね。チャージャース新 HC 探しの旅は長期戦で構わない戦略のようですから、残り物に福があるのか、良い人材がいなくなってしまうのか、ギャンブルです。ディフェンス系 HC のほうが、チーム再建できると思いますけど。本当なら、ロン・リベラさんとかを確保しておけばよかったのに。ラムズ DC のステイリーさんは、どうなんでしょうね。
posted by masa at 09:32| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする