2018年04月05日

【Padres】1st W

開幕4連敗スタートと、ある意味、それらしいスタートを切ったパドレス。重荷が下りたマイヤーズや正捕手ヘッジスが早くも怪我ですが、ルーキーのビーラヌェーバの1ゲーム3ホームランで、ついに勝利!

ただ、日本人としては牧田投手が登板も、2四球1被安打で1失点、9回を2アウトで降板と、イマイチな結果になってしまいました。おかげで、クローザーのハンドにセーブ機会を与え、4球で打ち取ってシーズン初セーブをつけてあげる・・・日本人的思いやり、と言えますか?!

しかしまぁ、日本ではそれどころじゃないですね。大谷選手、DHで2ホームラン、投げても初先発初勝利。なんでしょう、体力的な問題がなければ、相当なことになりますね! 終盤は投球制限があるかもしれませんが、それでもDHで使えますから、エンジェルスにとってはなんとお得なお買いもの! ディズニーもあるし、LAにもSDにも直行便があるし、日本人の観客にも良いチームだったと言えるでしょうね!
posted by masa at 09:30| サンディエゴ ☁| Comment(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする