2019年04月11日

【Swallows】 好調スタート

開幕してもう11ゲーム消化したプロ野球ですが、スワローズは打線好調、昨日もカープを延長10回に一挙12得点で撃破して7勝4敗、ジャイアンツと並んで同率首位です! NHK データ放送で昨年まであった途中経過が表示されなくなって、非常に不満ですけれど・・・。山田選手の四球と、青木選手の高打率が目立ってますね。ホームランなしで12点取るなんて、なかなか良さそうです。

パドレスもサンフランシスコ・ジャイアンツに勝って8勝5敗、ドジャースと並んで地区首位という好調スタート! まあ、いつもなら5月から失速ではあるんですが、今シーズンは30打席あるレンフローが打率 .333、4ホームランと本領発揮。マイヤーズも .333 で3ホームランと、本来の打撃に。ホズマーは打率は低いながらも6打点、マチャドも低い打率ながら2ホームランで5打点と、まずまず。若いタティースは低打率ですが、3ホームランで6打点あるので、これからに期待です。チーム防御率は 3.74と奮いませんから、打線次第の展開ですね。

パドレスが簡単に手放した、ジャイアンツのビヤヌエバは・・・2ホームラン2打点3四球で打率 .296、オープン戦よりマシですが、まだまだですね。今のパドレスの3塁手がマチャドですからね、パドレスがどれほど金銭的に得したかはわかりませんけど、結果オーライでしょう。

どちらも頑張って!
posted by masa at 15:18| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする