2008年10月07日

【Padres】まずは2名

99敗シーズンを作ってしまったパドレスは、リストラ開始!

まずはキャッチャーのバードと左腕エステス。ポジションを確保し損ねたバード、ハンドレーの成長もあるので仕方ないというところですね。使わないなら、仕方ないです。エステスは問題なくOKです。

どうやらハンドレーがスターターで、バックアップにベテランを獲得するようですね。いいことです。実績あるベテランなら、シェアするぐらいでもいいかも。


今年かなり良くなったクーズマノフですが、選球眼が悪いので、ヘッドレーを本来のポジションのサードに戻す構想もあるようで、注目です。私はせっかく育ってきたクーズマノフなので残して、外野もできるヘッドレーは外野にまわしたいです、外野の補強がないなら。

エドガー・ゴンザレスはスターターかどうかは別として、残留して欲しいプレーヤーです、と。そうですね。

先発から8回の男ベルにつなぐミドル・リリーバーは補強の方針のようで、ひと安心です。1名といわず、2名ぐらい追加願います!

ルーキーでは3塁/外野のヘッドレー、キャッチャーのハンドレーは確実に、外野のベナブル、右腕ギアー、左腕ルブランあたりが1軍残留できるでしょう、と。期待され続けているアントネリはもうちょっと Triple-Aでの修行が必要でしょう、と。ルブランは微妙な気がしますけどね〜。どうでしょう。アントネリは、使わないと成長しないタイプかもしれませんね。無理して使えるなら使うほうがいいかも。


以上、公式サイトよりまとめて。

posted by masa at 12:10| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック