2011年12月25日

【Chargers】Real End of His Era?

敵地でのライオンズ戦、後半盛り返して来たところで、スタッフォードに攻め込まれ、そこで通信を切断して、逆転を待つこととしました。


で、きっと、あのまま取られて 10-31、そこから少しの反撃を見せても、ファイナルスコア 31-38で敗戦、シーズン終了ぐらいなんだろう、と思って結果を見ると・・・。

逆にまさかの 10-38? 前半やられすぎな上、リバーズがパスを投げざるを得なくなり、今シーズンの呼称「インターセプト・マシン」の名に恥じない2インターセプト、どうやら1つはリターンTDじゃないですか?!

きっと、選手が、ブロンコスが負けたり、ジェッツが負けたりして、勝てばプレーオフ進出に大きく前進する、と油断した、と、信じたい、逆に。タレントの問題でないと、信じたい。

まずノーブはクビとして、でももう1週ある・・・。リバーズ、来週も先発出場するんでしょう。となると、ブリーズの最終ゲームが思い出されます。あれも多分、プレーオフ進出できなかったシーズンの最終戦、使う必要ないブリーズを使って、大怪我させて、その上チームを放出して・・・セインツでスーパーボウル制覇。この流れ、ヤケになったノーブがリバーズに試練を与えて大怪我とか、困ります。ボーレックを使う意味もなし。レイダースは優勝も懸かっているでしょうから、気を抜いたプレーをすれば、怪我させられること確実。

QBギャノンの頃はレイダースが圧倒、そしてポスト・ギャノン時代はチャージャースが圧倒し、ライバル対決的な要素は減ってましたが、結果的には昨シーズンよりライバルリーが復活してますから、最終戦、レイダースに嫌がらせをした上で、かつ、アル・デービス追悼レイダースが地区優勝となると、せめてもの救いでしょうか??

もちろん、正月早々、そんなゲームは観戦しませんけども(ラジオでも)。
posted by masa at 12:53| サンディエゴ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追記です。

追撃のゴールラインでの 4th and GOALギャンブルも失敗したんですか。今シーズンはショートヤードはトルバートと決め付けていて、特にシーズン前半はほぼ失敗してましたからね。ヘスターを使っても無理でしたけど。

そして最後は自陣ゴールライン近くでのインターセプト・リターンTDですか。今シーズンに限って、よくある終わり方ですね。

本来なら余裕で勝利のはずのライオンズ相手に大敗とは。ライオンズ&スタッフォード、本物なんですね、きっと。スーパー制覇しても良し!
Posted by masa at 2011年12月25日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック