2012年03月21日

【Chargers】動きなし

マニング獲得で雷AFC優勝候補になった?? ブロンコスですが、私は全然そうは思いません。まあ、波乱要因にはなるでしょうけど、そこまで期待するのもどうかと。「健康な状態であれば」が条件のようですが、「チャージャースはマニングを得意としている」という文面もあり、安心しました。

押し出されるスーパースターのティーボウは、ジェッツとジャガーズが獲得へ本気のようですが、他にもフィットするチームが多数あるようで、条件が合えば移籍でしょうね。エルウェイ・パワーで格安出荷するなら間違いありませんが、高いならどうでしょうねぇ。

トルバートを失ったチャージャースは、控えRBに「かつての」スーパースター、ラデイニアン・トムリンソンを!! 獲得の意思、なし!! でしょうね。意味がありません。マシューズが伸び伸びプレーできなくなりますし、お金ももったいないですし、ならブリンクリーが怪我のリスクのあるプレーを担当してくれるほうが嬉しいですし。だいたいマシューズとLTは同じタイプのプレーヤーなので、必要なのはトルバートのようなパワータイプ。ドラフト下位またはアンドラフテッドで十分対応可能と思いますが。
posted by masa at 10:20| サンディエゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック