2013年02月24日

【Swallows】古田超え?

ちょっとだけ見た昨日のWBC親善試合、0−2とリードされた終盤の日本の攻撃、ランナー1塁2塁でバッターはスワローズの相川選手。ジャイアンツの阿部選手がいるだけに、メインのキャッチャーではありませんが、スワローズから唯一出場の選手。ボール先行の相手投手に、四球で満塁、ジャイアンツの長野選手につなぐか、という場面で、元スワローズの古田さんは言いました。

「これぐらいの投手は打って欲しいですねぇ」

私はあの古田兼任監督時代の悪夢からまだ抜け出せていませんので、これは相川選手に対する嫌がらせだ、自分だったら打つけどね、と言っているように聞こえましたが・・・。

結果は逆転ホームラン!

Shame on you, 古田! 相川選手、今年は期待できそうですね、と思うと同時に、他の解説者は「いや〜、古田さんの言ったとおりになりましたねぇ」と言ってましたが、果たしてそうでしょうか? それともフォローしたんでしょうか??

まあとにかく、相川選手復活なら、若手キャッチャーもだんだん育ってきてますから、楽しみなシーズンになりそうです。WBCに出ない選手たちはじっくり練習。

ちなみにスワローズからは、WBCブラジル代表選手が3人いるようです。成長してきてね!
posted by masa at 20:06| サンディエゴ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック