2016年06月21日

【Chargers】Joey Bosaと契約難航

なぜチャージャースとボサの契約が難航しているのかがわかってきたようです。

年俸総額には問題ないようですが、"Offset Language" という条項を付けるチャージャースと、それを嫌うボサ側という図式のようです。"Offset Language" を調べてみると、基本的には NFL特有の用語のようですが、ルーキー契約の4年を満了する前にカットされたとき、残額が$4Mあったとすれば、選手はカットされても$4Mを受け取る権利が残るようです(総額保証のようです)。"Offset Language" が契約に含まれている場合、新しいチームと$1Mの契約をしたとき、チャージャースとしてはその差額の$3Mを支払い、選手が受け取る総合計をルーキー契約に一致させる、ということで、負担軽減を狙うそうです。

で、実体は、ルーキー契約中にカットされる選手は、新しいチームとは格安の契約になるか、契約に至らないので、チームの負担はあまり軽減されないようなのですが、チャージャースは通常 Offset Language付きの契約をしているが、Bosa側は気に入らない、と。$4Mを残してカットされても、新チームと$1Mの契約を取れれば$5Mの収入になるからだ、と。

どちらの言い分もわかりますが、面倒なので、NFLで統一ルールにしたほうがいいのでは? NFLが統一するなら、Offset Languageは暗黙になるでしょうから、選手が反発するでしょうか??

しかし、両者正しい言い分ではあるので、解決が難しいですね・・・。7月末のトレーニングキャンプまでにはまとまって欲しいものですが。
posted by masa at 17:05| サンディエゴ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なーるほど。他のルーキーたちは普通どうしてるんですかね。
早くケリをつけてほしいですね、、
Posted by ヤミウマ at 2016年06月23日 22:28
ヤミウマさん、

チーム側は選手全員 Offset Language あり、と言っているようですが、仕方がないこととはいえ、早く合流してもらって、シーズンの準備を開始して欲しいですね。レイエスが抜けて、ボサが合流しない、なんてなったら、大ダメージですから。
Posted by masa at 2016年06月24日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック