2016年11月25日

【Chargers】記録など

このあとはAFC対決、スティーラーズ@コルツです。どちらも5勝5敗ですが、チャージャースとしては直接対決で負けているコルツに勝ってほしい、そしてテキサンズを倒してコルツが地区優勝、と願いたいですが、ラックが欠場となり、厳しい展開になりそうです。ベンさんからフィリップさんへのギフト(となる乱調ぶり)になると、わかりませんが。

チャージャース、ゲイツはTEのタッチダウン数で、トニー・ゴンザレスを抜いて歴代首位になれるか? あと7つで追いつく数字でシーズンを開始、ここまでの10ゲームで5TDを記録し、あと2つで、111TDでタイに。今週は怪我リストにも入っていませんから、1つ詰めるチャンスがありそうです。あわよくば2つ、それならチャージャースが勝つでしょう!!

タイレル・ウィリアムズは 1,000ヤードを超えるか? 制限付き練習で、ベンジャミン復帰の気配ですから、どれだけプレーするかはわかりませんが。シーズン 1,000ヤードを達成したチャージャーは14人? みたいですが、ここまで720ヤード、KA13やベンジャミン故障で現れた若きスター、来シーズンのKA13とのコンビが楽しみです。

ゴードンはタッチダウン・リーダーになれるか? ここまで9ラッシュTD、2レシーブTDで、12TDのブロウントとDジョンソンに1差。ランス・オルワース、LTに次ぐ3人目になれるか? ん〜、最近の使われ方では、チャンスはないかな。なんでしょうね、信頼感がまだ得られていない、かな?

ヘイワードはインターセプト・リーダーになれるか? ここまで5インターセプトで、MピーターズとLコリンズに並んでリーグトップです。2011年にウェドルが7インターセプトで、それ以来の多さですが、2007年のAクロマーティーが10でNFLトップになった以来の2人目になれるか? フラワーズがこのままシーズン終了となると、出場機会が増えて、チャンスが増えるか、疲れてチャンスが減るか、注目です。

ボサはディフェンシブ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲れるか? 1986年のレスリー・オニール、2005年のショーン・メリーマンに続いて3人目となれるか? ここまでの6ゲームで、6タックル フォー ロス、4サック、1ファンブルフォース。オニールは 12.5サックだったということで、数字的には及ばないでしょうね。このところ、勢いが落ちていると思いますけど、BYEで疲れが取れて、少し良い方向に向くでしょうか?

ランボーは得点王になれるか? 23トライ中21のFGを、32トライ中29のPATを決めて(PAT率が低い!)、ここまで92得点でファルコンズのMブライアントの100得点に続いて2位。なお、チームとしては、2006シーズン、31TDを挙げて186得点のLTですから、やはりLTのすごさが強調されます。キッカーとしては 2009シーズンのケーディングの146得点ですから、届く可能性もあります。オフェンスが頑張ると突破できる? それとも、勝負弱いリバーズのおかげでFGが増えて突破?

以上、チャージャース関係は、Androidのチャージャースアプリの記事より数字を取得、コメント追加したものです。
posted by masa at 10:47| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444314712

この記事へのトラックバック