2017年01月13日

【Chargers】決定です

新年の最初のアップは、「チャージャース、サンディエゴ残留」にするつもりで、ここまでにあった様々な予想記事などに触れずにいたのですが、ついに決定してしまいましたね。

「Letter from Dean Spanos to Chargers fans」の全文です。

Dear Chargers Fans,

I want to let you know that, after much deliberation, I have made the decision to relocate the Chargers to Los Angeles, beginning with the 2017 NFL season. As devoted Chargers fans, I wanted you to hear this news directly from me.

San Diego has been our home for 56 years. It will always be part of our identity, and my family and I have nothing but gratitude and appreciation for the support and passion our fans have shared with us over the years.

I realize the news today may cause some of you to rethink your desire to be a Chargers fan – but I hope that as we begin this exciting new era, you will find a way to keep the Chargers in your heart.

On behalf of my family and our entire organization, you have my most sincere thank you.

Sincerely,





Dean A. Spanos
Owner - Chairman of the Board


というわけで、ロサンゼルスへの移転は決定、チーフスにまったくかなわなかったアレがサンディエゴでの最終戦、です。チャージャースの名称が残るかはここでは不明ですが、あの名曲「サンディーエーゴー、スッパチャージャーアス、サンディーエーゴー、チャージャアス、チャージ!!」ももうなくなるんですね。

1994年、サンディエゴで、初めて見たチャージャース。NFLを知らず、(当時)チケットを取りずらいことも知らず、(当時)ジャックマーフィーに直接行ってチケットをゲットしたその年、ネトロンの怪力とスタンの一発プレーに魅了され、そのままチーム初のスーパーボウルへ進出。49ersに(当時の予想通り)惨敗したときには、まだ先があると思いましたが、あれから約22年、それはかなわず。

ブレグジットやトランプ大統領のような流れなのかはわかりませんが、住民投票で拒否されてしまっては、ノーチャンスなのかもしれません。ただ、ロサンゼルスで人気チームになるかと言えば、そうとは思えませんから、ネガティブ系で申し訳ありませんが、なんで富豪なのか知らないスパノス家が危うくなって、(新小型プロセッサを発表したばかりの)クウォルコムのオーナーが、チームを買い取って、引き戻して欲しい。市民球団になるでも、他のサンディエゴ・ベースの会社や個人が新オーナーでも良いので。

さて、今後をどうするか考えなくては。熟考します。
posted by masa at 09:28| サンディエゴ ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと悲しいですね。そしてオーナーのレターはビジネスだから悪いねとしか聞こえてこない内容。最低なオーナーだと思います。

リバースはツイートで悲しそうでしたがアレンはノリノリのようでしたLA移転 笑

私も熟考します、今後のNFLのみかたを。

チャージャーズの施設の前にはファンが続々とユニフォー厶を捨てにいってるらしいです。でもそれは少数派なんでしょうね。私のサンディエゴ在住の知り合いの方々は皆、チャージャーズ要らんよ、、というムードです何年も。仕方ないのですかね、、

新ロゴは既に発表されてましたね。なんかパドレス風?!
Posted by ヤミウマ at 2017年01月13日 12:09
ヤミウマさん、

新ロゴ、青字に白で、"LA"を重ねて、尻尾を稲妻風にしたやつですね? 文字ベースなのが非常に微妙な感じですねぇ。

残念感から徐々に悲しくなってきているのですが、どうにもなりません。パドレスも残念がっているようですが、チームとしては弱すぎますし、ペトコ(本体)も怪しくなりつつあるようですから(レイオフ)、他人事じゃありません。

1994を思い出して、一瞬 49ersを応援しようかと思いましたが・・・意味がありません。少なくともしばらくは、アンチ・チャージャースでもなく、なんでもない状態でいたいと思います。

本当にサンディエゴにチャージャースが不要でない限りは、近いいつか、サンディエゴに戻ることを期待し続けます。シーワールドのシャチショーが終わりましたが、ティファナとの間に壁ができ、サンディエゴ市自体が沈むことは・・・望みません。
Posted by masa at 2017年01月13日 13:32
ショックですね。

ファンがユニフォームなどをスタジアム(?)の前で投げ捨てたりしている映像が流れていました。

怒りと悲しみですかね
Posted by 雷zz at 2017年01月13日 15:14
雷zz さん、

結局はチームはオーナーのものですね。

セントルイスは好条件を提示しても、クロンキー&ラムズを失いましたから、好条件を提示しないサンディエゴは、スパノス&チャージャースを失うのは当然でもありますが。

が、同じことばかり書いていますが、近い未来には、「back to Los Angeles」が「back to San Diego, again」になることを信じて待ちます。

仮スタジアムで2年、ラムズと共有で数年、そして独自スタジアムへ・・・なんて、うまくコトが運ぶわけがありませんから!
Posted by masa at 2017年01月13日 15:32
初めて、このページを見ます。San Diegoのスポーツについてこんなに詳しい日本の方を見るのは初めてです。
2001年より毎年Chargersの試合を観に12月にSan Diegoに行ってました。
もう、あのMission Valleyでのあの素晴らしい日曜日がないのは残念です。
ChargersがLAに移ることになって、もう戻らない特別なものがなくなって、愕然としています。
自分はSD ChargersのファンであってLA Chargersのファンにはなれないです。
SDとLAは地図では近く見えますが、自分の中では全くことなります。
Padresのファンでもありますが、Beat LA!なんですよ。LAはRaidersの街だし。
あの新しい稲妻LAロゴは完全にSan Diegoファンの気持ちを逆なでしています。
多分、今の状態では永遠にSan DiegoにNFLチームが戻ってくることはないと思います。残念です。
Posted by サン・ディエゴ・チキン at 2017年01月15日 15:52
サン・ディエゴ・チキンさん、

コメントありがとうございます。

私も San Diegoで、NFLの、Chargersに出会っていますので、San Diegoじゃない Chargersになって、別に Los Angelesが嫌いではありませんが、非常に複雑な感情です。San Diegoの方からみても、LAだって全然日帰り圏内ですが、そうは簡単には整理できないでしょうね。

1995にRAMSがLAを去って、2016に戻るまでに20年。同時にレイダースも去って、今年ラスベガス移転もありそうですが、San DiegoにNFLが戻るなら Chargers以外はないと思いますので、2037? いや、作戦失敗で、それよりもっと前にLAをあきらめる、と思って、その時を待ちたいです。行き先がどこであっても。Oaklandでも、St.Louisでも。

Posted by masa at 2017年01月16日 10:32
やはり皆さん、複雑な思いですね。
可能性はかなり低いですが、いつかNFLチームがSan Diegoに戻ってくるのを待ちます。
それまではAztecsのフットボールチームを追いかけようと思ってます。
Qualcomm Stadiumが今後どうなるかも不安ですが。
Posted by サン・ディエゴ・チキン at 2017年01月16日 22:31
サン・ディエゴ・チキンさん、

Qualcomm Stadium、ネーミングライツの契約内容により Qualcommに違約金が支払われて Jack Murphyに戻るなら、老朽化もあるでしょうから、新スタジアムになるでしょうか? もしなくすなら、トロリー駅にアクセスしやすい Hotel Circle #2 が良いかと。

いずれにせよ、良い方向を期待します。
Posted by masa at 2017年01月17日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック