2017年09月19日

【Chargers】Antonio Gates' 112th TD!

チャージャースの仮ホームでの開幕戦、リバーズからゲイツへのパスが通り、トニー・ゴンザレスを抜いてTE歴代1位の112TDを達成! これは素直に喜べます、SDチャージャースではありませんが。

そしてゲーム内容は・・・


ハイライト動画とBOX SCOREより。

流れとしては、チャージャースがリードを奪い、ドルフィンズが追い付くという、基本チャージャース・ペース。数字的には、バランスを欠いたパス一辺倒の数字・・・ということは!!

アジャイーを止められなかったのが問題なのか、ボール・コントロールが悪いのか、インターセプトを与えていない、ファンブルロストもない、被サックは1つだけ。TOPが33:22対26:38と差がありますが、ドルフィンズのレッドゾーン0/3と、ディフェンスは頑張ったように思えます、が?!

40ヤード台のFGを2本外したクーの問題? 今週もラストセカンズでの逆転FGとなるキックを外したから?? KA13は100ヤードキャッチ、ハンター・ヘンリーも80ヤードキャッチと活躍しているようには見えますが、ランは総数12回44ヤード、ゴードンなんて9回13ヤード(キャッチは7回65ヤード)。

ツイッターでどなたかが書いてましたね。クーが悪い? 違う、キッカーとオフェンスラインは、誰でも同じ悪さだ、と。そうですね。ケーディングでもノバックでも同じに思えますね。その前の・・・ダレン・ベネットはパンターだから違って、思い出せませんが、キッカーが素晴らしすぎた影響もあるでしょう。もしかしたらLSやホルダーの問題もあるかもしれないですし。デイビッド・ビンやフルーティーが上手すぎたのかも?

キッカー交代の流れですが、パス一辺倒なギャンブル的オフェンスに問題があるかも?

KCはイーグルスに、まあ大きな問題なく勝利ですね。レイダースはジェッツに危なげなく圧勝。リンチのTDも出る、クラブツリーは3TDキャッチと完璧。ブロンコスがカウボーイズに圧勝とは驚きました。エリオット9回8ヤードと封じ込めて、QBシーミアンも4TDですが、1インターセプトもありつつ、231ヤードですから、バランス良いオフェンスが良いでしょう。RBアンダーソン25回118ヤードだけでなく、ジャマール・チャールズが復活気配の9回46ヤード。

これでチャージャースは 0-2、それ以外は 2-0。
Week 3は、ブロンコス@ビルズ(1-1、低得点力)、レイダース@レッドスキンズ(1-1、高得点高失点、G+生中継あり)ですから、AFC西チームが有利と見えます。KC@チャージャースは、少なくともチャージャースのディフェンスが耐えられなければチャンスはありません(失点はほぼ同じでもチーフスは69得点、チャージャースは38得点)。パス、パス、パスの淡泊なオフェンスを繰り返せば、疲れたディフェンスが崩壊しますから、オフェンス次第、作戦次第、と見ています。

Go Raiders?!
posted by masa at 10:27| サンディエゴ ☁| Comment(2) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年からの負け癖を払拭できないチャージャーズ。どう打開するのか見物です。それともまた新たな負けシナリオを書き続けるのか。今週はダゾーンでLACはやらないので辛さは軽そう。GL LAC。
Posted by ヤミウマ at 2017年09月21日 14:35
ヤミウマさん、

いや〜、昨年からの負け癖というか・・・マーティー・ボウルが終わって、ノーヴ・ターナーでしたっけ? すぐの。あのあたりから・・・。LTに見切りをつけたり、トルバートやバーナー・ターナーを放出したり、サイファーズに怪我させたり、ウェドルを大事にしなかったり、戦略的にチグハグなような。

オフェンスラインの強化はLTのチャージャース晩年からの課題だったのに、RBの責任にしてあとまわしにして、無理して獲ったマシューズもダメにして、ブレイクのきざしあるゴードンもピンチ。ウッドヘッドも怪我のあと、耐えるのをやめました。控えにパワー系RBも獲得せず。スプロールズも簡単に出しましたね。

パワーランキング1位のKCは相手にもならないと思われますが、そういうときこそアップセットするのもチャージャース(そしてブラウンズとかジェッツに負ける)。来年QBをドラフトするのかどうかが決まるゲームなのかもしれません!!
Posted by masa at 2017年09月21日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]