2018年10月15日

【Chargers】 @ブラウンズ

スワローズは青木選手不在だからか、攻撃の流れを掴めずジャイアンツに連敗でシーズン終了。若手の成長もあるわけですが、しかし来シーズンは、川端選手に完全復活して欲しいです。

チャージャースは敵地での新生ブラウンズ戦。負け続きのブラウンズではありませんし、QBも代わって、苦戦するのかと思いましたが・・・。KCはペイトリオッツと現在対戦中ですが、他チームがどうなったかを見ておきます。


チャージャースは、正直意外な大勝でしたね! リバーズは11/20、207ヤード 2TD 1INTですから、パッシングゲームはうまくいかなかった様子ですが、ゴードンが 18回 132ヤード 3TDと活躍。最長 16ヤードですが、ついにLT後継RBが見つかった、ということでしょうか。4年目の25歳、5年目のオプションを使うのは当然でしょうけど、以降の契約でモメないといいですね。

不思議なスタッツがありますねぇ。エクラー 7回 60ヤードも良いんですけど、KA13が 4回 41ヤード。4回は多いですねぇ。謎です。しかもマイク&タイレルが1回ずつありますし。ランで崩す、は、チャージャースが受けると非常に嫌なパターンなので(レイ・ルイス&レイブンズが思い浮かびます)、それを実践するとは、ある意味、チャージャース新時代です。

タイレルは3キャッチしかないのに 118ヤード 2TDですから、ランが効いてますね。ランで前に詰めさせてのディープ。最高ですね! KA13も4回 62ヤード。快勝と表現する以外にはありません!

他チームの結果で目を引くのは・・・新QBのジェッツがコルツにハイスコア勝利。なんだかIEでゲーム詳細が正しく表示されないのでよくわかりませんが、コルツはラックが戻っても改善していない様子、でしょうか。レイダースはシーホークスに大敗ですが、今シーズンはもうダメそうですから、どうするんでしょうね。カリル・マックのせいなんでしょうか。ブロンコスはラムズに負けましたが、ここはアップセットないでしょうから、3点差というほうが意外でしょうか。

順位を見ると、チャージャースは 4-2に改善。KCがこのままペイトリオッツに負けると 5-1となり、手が届く可能性も!! CBSの予想だと、地区優勝の可能性は 10%弱しかありませんが、ポストシーズンへの進出は 50%以上! 4-2だとワイルドカードは十分狙えます。4-2 ながら評価が低いのはドルフィンズ。3-3 ですが可能性が高いとされているのはジャガーズ。KCが止まるかはわかりませんが、無駄にゲームを落とさなければ、チャンスがありそうです。
posted by masa at 11:02| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]