2018年10月22日

【Chargers】 ロンドン・ゲーム

RBゴードンが脱水で欠場だというロンドンでのタイタンズ戦でしたが、そのしばらく前に、
「Report: NFL to discuss Chargers viability in LA」
ということがあったようで・・・。


ロンドン・ゲームとしては、ビッグプレーがほどよく出て、うまく!! 逃げ切ったようですね! もしかすると、今シーズンのチャージャースは本物なのかもしれません。しかしいまだに「ロサンゼルスの」チャージャースが好調っていうのは・・・アレックスさんがお亡くなりになって、もうサンディエゴとは縁が切れた、でしょうね?

で、
https://bleacherreport.com/articles/2801390-report-chargers-psl-sales-a-struggle-nfl-to-discuss-teams-viability-in-la
ですね。

今週のリーグ・ミーティングで、チャージャースがロサンゼルスで長期間生き残れるかについて話すようです。結局 2019シーズンは無理で 2020シーズンから使えるLAスタジアムでのシートの売り上げが不調なようです。ラムズはLAに快く迎え入れられたようですが、55年ぶりに戻ったチャージャースについては、そうでもない、と。現在使っているスタブハブ・センターが定員27,000人しかないせいで、チャージャースは観客動員最下位だということです。強いラムズが第1チームである限りは、チャージャースの売り上げは伸びないでしょう、と。

そうですね、まず勝たないことには「新しい土地」での人気はでないでしょうね。地元のチームなら、負けててもかわいいですけど、「新チーム」が負けてれば、そうですか、ということですよね。今日タイタンズに勝って、もしかしてこれが本物で、スーパーボウルまでは行かなくても、AFCチャンピオンシップぐらいまで行くようなら、話は違うでしょうけど。

私の事前予想と(一部勝敗は違いますが)同じ 5-2 となっての BYE。今の状況としては、BYE がちょっと早いのが気になりますが、11勝は狙える位置かつ対戦相手ですから、「いつもの」チャージャースでなければ、ワイルドカードは取れそうです。ちなみに地区優勝は・・・KCが猛攻中。1ゲーム差であれば、Dec 13 に敵地での対戦が残ってますから、夢ではありません。KCは敵地でのLARも残してますし。

posted by masa at 11:17| サンディエゴ ☀| Comment(2) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり新しいチームは土着して間もないので、どうも浸透していないようですね😅白星を1つ1つ積み重ねて行くのがベストなんですね
Posted by ふて猫 at 2018年11月15日 23:50
ふて猫 さん、

同じロサンゼルスのラムズがスーパーWRカップを失ってチャンス・・・のチャージャースですが、強力LBペリーマンを(今シーズンも)失って、多少不安が出ましたが・・・。

しかし、今シーズンは怪我人が非常に少なく感じますから、主力オフェンス陣に怪我がない限りは(リバーズ、ゴードン、アレン、2ウィリアムズ)プレーオフ上位まで行けそうな気配がありますね。

ワイルドカード戦を免除、ディビジョナル戦を勝利、AFCチャンピオンシップ進出! なんてなったら、いつ以来なんでしょうね。私のプレーオフでのイメージは、「ペイトン・マニングを倒す」ですから、マニングのいない今、誰(どのチーム)を倒すのでしょうか?!

っていうのは、気が早すぎでしょうか??
Posted by masa at 2018年11月16日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]