2018年11月21日

【Padres】3塁手に痛手?

NFL Week 11、ラムズ対チーフス、詳しくは追っていませんが、ハイスコアリング・オフェンスがシーソーゲームを展開し、かなり素晴らしい展開だったようですね。ここだけみれば、スーパーボウル・クラスのような。序盤の異変が嘘のようなペイトリオッツやスティーラーズの復活、NFCでは(チャージャースが捨てた)ブリーズ&セインツの快進撃もありますから、どうなるかはわかりませんが。

そしてみすみす負け数で並ぶチャンスを逃したチャージャース。ペリーマン不在が大きいのか、リバーズのインターセプト病が発症してしまったのか。次週、カージナルスには苦戦しないとは思いますが。

そして今見つけた、パドレスのビラヌェバ、日本に行くかもしれない?!

ここには、「DFA'd」と書かれています。Designated For Assignment、すなわち戦力外?? シーズン初期の勢いは落ちていたかもしれませんけど、あきらめるのが早すぎるのでは?? 「必ずしも自由契約や放出を前提としてはいない」ということのようですが、だとすればチームはマイナー契約にしたい、ということでしょうか。

記事中では、日本のチームとだけ書かれているだけですから、どこというわけではないのでしょうか。ネットで軽く検索すると、阪神が狙ったものの、高額のため撤退した模様。「高額」であるなら、パドレスとマイナー契約しないでしょうから、FAになるなどして移籍? いずれにしても、あきらめが早いような(パドレスが)。ジェイク・ピービーも、エイドリアン・ゴンザレスも、アンソニー・リゾも放出したパドレス・・・ブリーズを壊して捨てたチャージャースのようにならないといいのですが。

いつかのように、使い古されたベテランの再生工場になったほうが、(安定した)成績向上目指せるのかも?
posted by masa at 09:41| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]