2018年11月26日

【Chargers】 リバーズがNFL記録を2つ樹立

弱っているアリゾナ・カージナルス相手ですから、ゴードンがいなくても、リージットがIRでも、タイレルが出なくても、勝つことには間違いないでしょう。ゲーム内容はまだ知りませんが、NFL公式に、リバーズが2つのNFL記録を樹立した、とありました。


まず、2006年のマーク・ブルネルが達成したゲーム開始からの22パス連続成功を抜き、25パス連続成功! リバーズらしくないと思えるこの記録、よほど好調(カージナルスのディフェンスが弱い?)だったのでしょうか? もちろん最終スコアも 45-10と大差がついてますけど! ドルフィンズでタネヒルが25パス連続成功があるそうですが、2ゲームに渡っての記録である、と。それに並んだのが2つ目の記録、ということみたいです。29回投げて 28成功、点差がついたのでジーノ・スミスを投入するという完璧さ。すごいですね。

他方で、ゴードンは出場し、怪我! 第3クウォーターのランでタックルされ、右ヒザを。そこまで10キャリー61ヤード2TDと、基本的には要所で活躍したと言えそうですけど、ゲーム前から Questionableと懸念されていただけに、もしこれが大きい怪我であるなら、大ダメージです。第1Qに10点先制されながらも、第2Qに28点取り、前半終わって28ー10、無理して出す環境だったでしょうか?? MCLの怪我とされていますが、膝内側側副靱帯(MCL)損傷、一般的な捻挫なら2〜4週が通常の回復期間となるようです。このあとは、@スティーラーズ、ベンガルズ、@チーフス、レイブンズ、最後に@ブロンコスとなっていますから、うっかりするとかなりLが付きますから、緊張感が高まりますね・・・。

ライバルは・・・東地区2位 5-5 ドルフィンズは、南地区2位の 5-5コルツに負け、それぞれ 5-6、6-5に。コルツ、復活傾向ですね。4-6 ブロンコスは北地区首位のスティーラーズを破るアップセットで 5-6、7-3に。ブロンコスは追い上げ遅すぎ、スティーラーズはきっと地区首位を獲るでしょうから、あまり関係なさそうです。北地区2位のレイブンズは順当にレイダースに勝ち 6-5。ブラウンズはベンガルズを撃破、ベンガルズは 5-6となり、大打撃と言えますね。チーフスは休みです。チャージャースとしては、低い目標的にはあと2つLが付いても大丈夫そうなので、心配は少なめでしょうね。

1ゲーム差のチーフスですが、直接対決もありますが、このあと@レイダース、レイブンズ、チャージャース、@シーホークス、レイダースと、レイダースを2つ残しているのは有利。レイブンズがどうなのか、状況を大きく左右しそうです。
posted by masa at 10:25| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]