2019年09月09日

【Chargers】 開幕戦 vsブリセット&コルツ

ラムズとの共用スタジアム完成前の最終シーズン、開幕戦はコルツですが、QBラックが引退してチャンスが増したでしょうか?
それとも、RBゴードンの思惑通り、ランゲームが崩壊するでしょうか?
第4Qの後半だけ、アプリで実況ラジオを聴きました。




24-16 と8点リード、残り数分、チャージャース・ボール、敵陣深くまで侵入、FGでも2ポゼッション差になって決定的な攻撃! リバーズ、パス! ワンハンド・インターセプト! どうやらインターセプトが見事だったようではありますが、ここでこういうことをやってしまうリバーズは、なんとなく慣れてますね。

そしてディフェンスも耐えられず、タッチダウン+2ポイントコンバージョン成功で同点、オーバータイム突入。

ノーブ・ターナーならこのままFGでも取られて負けるところですが(想像です)、アンソニー・リンは耐えましたね。なんとか勝利して、形を作りました。

気になるランゲームは、エクラーが 12回 58ヤード 1タッチダウン、ジャクソンが 6回 57ヤードと、分担がうまくいったのか、むしろゴードンが1人でやるより良かったですね。出番が増えたエクラーは、6キャッチ 96ヤード 2タッチダウンも記録し、タッチダウン数だけでいればLTを凌ぐパフォーマンス! 元気であれば、活躍は期待しても良さそうです。溜まる疲れにどう対応できるか、でしょうか。

数字的には、KA13、8キャッチ 123ヤード 1タッチダウンと、好調なときの数字が出ました。ヘンリーも 4キャッチ 60ヤードですから、故障しなければゲイツなしでいけそう・・・。Mウィリアムズ、ベンジャミン、インマン、Vグリーンにもキャッチが付いていますから、投げ分け成功ですね。

ディフェンスはインターセプトもファンブルフォースもありませんが、ボサが1サック、イングラムが1サックと、まあ目標達成でしょうか。過去に 1,000ヤードラッシュのシーズンがない RBマーロン・マックを止められず、25回 174ヤードとモンスター級の活躍を許したのが、今後の改善点でしょうね。

次週はこのところ8戦7勝を記録している@ライオンズ。今週はカージナルスと引き分けで、ランはほとんど出ていませんが、QBスタッフォードが 27回パス成功で 385ヤード、3タッチダウンと好調です。ホッケンソンとアメンドーラの2枚攻撃に耐えた上で、成長期待のRBケリオン・ジョンソンと復活を狙うベテラン CJアンダーソンをケアできるでしょうか? まあ数字的には、いくらなんでもランゲームで崩壊することはなさそうですが・・・。

ちなみにチーフスはジャガーズに大量得点で勝利、ブロンコス@レイダースは明日です。スティーラーズはペイトリオッツに大敗、ビッグベンの動きが悪そうに見えましたが、オフェンスラインが弱すぎでしょうか。ブラウンズはタイタンズに大敗、史上最大の補強はすぐには実りませんね。

posted by masa at 15:47| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]