2019年10月07日

【Chargers】 Week 5 vs Broncos

地区内対決、0-4 ブロンコスが相手です。
キッカーを補強したのでバッジリーは欠場です。RBジャクソン、DEイングラム欠場です。

今週はアップセットがたくさんあったようですね。


ブロンコスがどう、という前に、大アップセット!

コルツがチーフスを撃破! チャージャースはコルツを倒しているので、アドバンテージ獲得!

なのですが、チャージャースはブロンコスに完敗。自滅みたいですね。チャージャース・アプリでラジオ実況が見つからなかったのでテキストで見てましたが、第1クウォーターにはフラッコからサットンへのパス 70ヤード TDになったりして、ディフェンス崩壊。その直後にはリバーズのインターセプト。第2クウォーターはサックからのファンブルリカバーで攻撃権獲得も、新キッカーのマクラフリンが 48ヤード FGをブロックされて無得点。逆に FGを奪われ、終了間際の残り 7秒、DEN 1 からの攻撃はリバーズからエクラーへのパスが通っても、ファンブルで無得点。

第3クウォーター、カイザー・ホワイトのインターセプトで DEN 7 からの攻撃権を得ても、リバーズからマイク・ウィリアムズへのパスはエンドゾーン内でインターセプト。第3クウォーター終了間際に、珍しい 68ヤードのパントリターン・タッチダウンが決まって、7-17 とまだチャンス残し。第4クウォーターにはブロンコスの 54ヤード FG失敗が出て、チャンス。45 ヤードの FGを決めて、10-17 と1ポゼッション。しかし耐えられず、FG 奪われ 10-20。残り 15秒で 32ヤード FGを獲って最終勝負も、オンサイドキック決まらずゲームオーバー。

相手はさておき、リバーズの2インターセプト。展開のせいもありますが、ランは機能せず、ゴードン 12回 31ヤードと、お話になりません。出番の減ったエクラーのランは 3回 7ヤード。ですが、エクラー、パスターゲット 16回で 15キャッチ、86ヤードとリーディングレシーバー! 対するゴードンは 6ターゲット 4キャッチ 7ヤード。キッカーのマクラフリンは FG 3回中2回成功、PAT は1回成功とまずまずですが、バッジリーを残したまま投入するっていうのは? タイ・ロングがやっと慣れてきたのに。

他、レイダースがベアーズに、一時逆転されたものの再逆転し、3-2と勝利先行。サーズデーナイトでは、ラムズがシーホークスに敗戦。ロサンゼルスつながりで。

すべて1勝差で、KC、レイダース、チャージャース、ブロンコスです。シーズンで6敗ぐらいしてもいいのでまだ3敗ですが、ブロンコスにやられるっていうのは、どうでしょう。CBSSports では、まだ地区優勝の可能性も 15.3% ありますが、ポストシーズン進出は 44.6% となってしまっています。ブラウンズの様子にもよりますが、次週のサンデーナイト戦、1-4 のスティーラーズ without ビッグベンは、落とせません。日テレG+ で生中継がありますね!
posted by masa at 16:13| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]