2019年10月29日

【Chargers】ウィゼンハントとオーンバーガー

オフェンシブ・コーディネーターのケン・ウィゼンハントが解任された模様です。

それと関連するのか、元チャージャースのC、リッチ・オーンバーガー rich ohrnberger さんがツイッターに書いていました。
「ゲーム終了間際のチャージャースのタイムアウトの使い方、あれは問題だというレベルを超えている。どう考えたらああなる? なんであんなタイムアウトがコールされたの?」

かなりですね。
ほぼ負けゲームになってましたからね、最終プレーまで。
チャージャース・アプリの Play by Play で見られるでしょうか?


おそらく1点リードでの 2-minute warning あけ、チャージャースがボールを奪い返して、リバーズ サックあとの 2nd and 16 on LAC 9。どちらもタイムアウトを3つずつ残していて、1st down 獲得で時間を使い切りたい場面。

リバーズ、パス、KA13がキャッチして 4ヤード、3rd and 12 on LAC 13。残り1分55秒でベアーズがタイムアウト#1。

リバーズ、パス、ヘンリーがキャッチするも、わずかに届かず 4th and 1 on LAC 24。ベアーズがタイムアウト#2。場所が悪いだけにパントで仕方ありませんが、自陣深くで大事な攻撃、1st down でサック、時間を使う場面で危険なパス攻撃。結果論ですけどね。

パントで CHI 18 から 17ヤードもリターンされて、1st and 10 on CHI 35。トゥルビスキーのパス失敗のあと、長いパスがゲイブリエルに通り 22ヤードで、LAC 43。ベアーズはタイムアウトを取らず、トゥルビスキーのパスはロビンソンに通り9ヤード、2nd and 1 on LAC 34 とFG可能エリアになりつつあるところで、残り58秒、チャージャースがタイムアウト#1。時計を止めてあげました!! ベアーズにはもう残りタイムアウト1つしかないので、逆転FGに向けては無駄遣いできない、当然この場面ではタイムアウト使用しないのに!!

残り58秒、モンゴメリーが走って2ヤード、1st down 獲得、LAC 32。ここでまたチャージャースがタイムアウト#2、時計を止めてあげました!! さっきより悪い位置になりましたが、作戦練らせるより時間消費じゃないでしょうか?!

残り53秒、トゥルビスキーが走ってなんと11ヤード、LAC 21と、もう絶体絶命。ここでまたチャージャースが最後のタイムアウトを使用して、残り43秒で時計を止めてあげました!! まあ、ここまでやられたら仕方なしとも言えますが。

トゥルビスキーがヒザをつき、LAC 22、残り4秒になったところでベアーズが最後のタイムアウト。上手いですね。タイムアウトのないチャージャースには、逆転ヘイルメリーも狙えません。無理して突っ込ませて1ヤード地点でファンブルロストもしません。

そして最終プレー、ピネイロの41ヤードFGアテンプトが左に逸れてゲームオーバー。

ベアーズのコーチとしては、これ以上の展開はできません。チャージャースは、よほど連続ディフェンスに自信がないんでしょうね。いちいち止めて、時間を残してあげました。唯一あるとすれば、敵Kが下手なので蹴らせた、一発TDを防いだ、ということでしょうか??

で、解任になったのはOC。ゴードンがゴネなければ、またはゴードンが戻ってこなければ、ヘンリーが戻った今、激しいオフェンスを見せていて、OC解任なんてならなかった、かもしれませんね。

posted by masa at 12:18| サンディエゴ ☀| Comment(2) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
CHARGERS最悪です。ゲームを見ていても全く面白くもなく毎年毎年失望させてくれてます。
もうSAN DEIGOにもいないので応援をやめようかと考えています。多分、私の一生でスーパーボールに絶対行けないと思います。
でもオーナーとリバースが変われば変わるんでしょうね。何とかならないかなこのチーム。
愚痴になってすみませんでした。でも、どう思います?
Posted by SUPERCHARGERS at 2019年10月30日 14:33
SUPERCHARGERS さん、

私もサンディエゴじゃないチャージャースには(ここがかなり滞るほど)熱心ではないのですが、来シーズンから「ちょっと強い」ラムズと同居ですから・・・今でもホーム戦が敵地戦に見えるらしいですから、長続きしないんじゃないか・・・と願っています。リンHCが良さそうな気配でしたが、相変わらず多数の怪我人を出し、勝ちきれませんね。KCが失速中なのでまだチャンスはあると思いますが、チャージャースに強さは見えません。

スパノス家がまだ順調かどうかは知りませんが、夢破れてサンディエゴに戻るなら、それはアリだと思います。LA時代はスッキリ忘れます!

でもとりあえず、仲良くプレーしてもらわないと。ゴネた上にゲームを壊すゴードンから処分でしょうね。人柄よさそうなエクラーさんにチャンスを!

ですが、実際にはどこが悪いかわからないところが悪いんでしょうね。まだ良い選手は残ってますから。
Posted by masa at 2019年10月30日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]