2019年11月19日

【Chargers】メキシコ戦

失速気味の 6-4 チーフスを相手に、メキシコで戦う 4-6 チャージャース。
まだワイルドカード2位はじゅうぶんあり得ますし、もちろん勝てば地区首位も狙える低次元な戦いに!!


FGで先制こそしたものの、リバーズの、最終的には4インターセプトにて、終始チーフスペース、それでもチーフスは完ぺきなオフェンスを見せてはいない様子だったのですが・・・。

まず気になったのは、7点を追う第4Qのタイムアウトの消費。2ミニッツ・ウォーニング前にすべて使ってしまったのは、いつかのゲームのときと同じように、大きな違和感がありましたが。

そして最後に50ヤードパスを決めて同点のチャンスを掴んだチャージャースですが、エンドゾーンへのパスで4つ目のインターセプトを献上したリバーズ。

これは予想ではありません。ネタバレです。「リバーズ、今シーズンをもって引退」です!

チャージャース・ファンであってもなくても、少しリバーズのプレー(結果)を見ていれば、もう無理だとわかるはずです。まあ、ふがいないRB陣により(というか、エクラーとジャクソンでやってたときはもっとうまくいっていましたが)、QBに負担があるというのもわかりますけど、いつものいつものいつものパターン、ビッグプレーでチャンスを作ってからのインターセプトで終戦。期待感がありませんから。ここぞ、というときに思うのはインターセプトであり、ビッグプレーではない。

本当なら今すぐ若手に先発QBを譲って経験を積ませるレベルと思いますけど、ロスターにいないので、ドラフト頼みですが、中途半端に勝っているため、微妙なドラフト順位になることでしょう。1巡から7巡まで全部出しても順位アップしてQB獲得へ・・・。

ですが、別にロサンゼルスで成功していただかなくていいので、いつまでも無駄にリバーズと過ごしてもらっても構いませんけどね! 結局、結果論としては、ブリーズを残しておけばLT&ゲイツ、Vジャクソン・Mフロイド・Lナーネーのハイパーオフェンス時代に勝っていたでしょうね。

ロンドン移転よりはサンディエゴ戻りを期待しますけど・・・。LAのソーファイ・スタジアム、2020 シーズン開幕に間に合わない見込みみたいですね。ラムズも失速、プレーオフ逃すかもしれませんから、ますますLAのNFL需要が下がりそうです。
posted by masa at 13:59| サンディエゴ ☁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]