2020年04月30日

【Chargers】1巡目でQBを指名

チャージャースは、素直に、全体6位の権利を行使し、QBジャスティン・ハーバートを指名。

QBだけに限って言えば、全体1位でベンガルズがジョー・バロウを、全体5位でドルフィンズがトゥア・タゴヴァイロアを、そして全体6位でチャージャースがジャスティン・ハーバートを指名。それ自体については特に何も思わなかったのですが、NFL Japanの記事で、GMのテレスコが「トップ6に入った3人のQBには全員に好感触を得ていた」と発言し、上記3名のうちだれでもよかった、みたいなことを言っていたので・・・。

もしも仮に3人とも 2004 ドラフト組のように素晴らしいなら・・・

2004 ドラフトで全体1位はチャージャースでイーライ・マニング、4位でジャイアンツがフィリップ・リバーズ(現コルツ)を獲得し、トレード。この作戦自体は最高でしたが(詳細は忘れましたがドラフト順位のアップを得て得したような)、マイングは2回、スーパーボウルを制覇。そして11位でスティーラーズが獲得したベン・ロスリスバーガーもスーパーボウルを2回制覇。

順番的なところでは、3人中の3人目なのでビッグ・ベン相当であり、大成功。同時に、リーフの呪いが QB本人についたなら、リバーズが持ち去ったのでついに解除。しかし呪いがチームについているなら(まあそうでしょう)、コルツは地区優勝以上、バロウとタゴヴァイロアは優秀であり、ハーバートはそこそこ勝つものの勝ちきれない・・・。

今回に関しては、トレードアップなしには選択の余地がありませんでしたけど、26位でパッカーズが指名したQB、ジョーダン・ラブが不気味ですけど。アーロン・ロジャースがまだ問題ないうちに控えQBを指名するにしては、順位が高い。ロジャースと同じ下位指名からのトップを狙えるQBなのかもしれないと思うと・・・。

以上、テレスコ発言によりスルーできなくなりましたので。
posted by masa at 13:14| サンディエゴ ☁| Comment(2) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢をみましょう。今のうちに。。。

あとリーフの呪い、リバースの不運ともにマニング家が絡んでるんですよね。許すまじ!
Posted by ぽっぽ at 2020年05月30日 10:44
ぽっぽさん、

イーライとリバーズの取引は、当時はうまくやったように思えましたけどね! 結果は、うまくいかず。

ブリーズを怪我させてクビにしたところには、間違いなく問題ありました。

もう1シーズン待って、今シーズンはタイロッド・テイラーで低迷して、後半にはもうハーバートを投入して苦労してもらって、来シーズンにつなげる・・・が、長期的なベストのシナリオかもしれません。

まずは、シーズンが無事に始まるといいですね!
Posted by masa at 2020年05月30日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]