2021年01月04日

【Chargers】at 2nd string KC

すでに 1st round bye を決めているチーフスは、主力を温存させる作戦です。そんなチーフス相手に、怪我人多数、ボサなし、ハーバートありのチャージャースは、どういう戦いをみせ、どういう結果を残し、どうやって Coach Lynn 様の先行きを決めるのでしょうか??


把握していませんが、どうやらセーフティなど、チャージャースらしからぬプレーも出て、特に後半、チーフスを圧倒した模様。先行されるも追い上げて、24-14 とリードして前半終了。後半も先手を取ってからの逃げ切り、超素晴らしい試合運びとしか言いようがありません。チャージャースが王者でしょうか??

ハーバートはルーキー TD 数記録を更新したようですし、戻ってきたジャスティン・ジャクソンは 9 キャリーで 72 ヤード。KA13 なしのレシーバー陣も、マイク・ウィリアムズが 108 ヤード 1 TD など機能して、圧倒。2013 年の最終 3 戦で、ブロンコス、レイダース、チーフスと撃破したとき以来のライバルチーム3連勝締めとなったようです。

3-9 でプレーオフから脱落してからの無意味な 4 連勝で 7-9 となったチャージャース、普通にチャージャース的流れであればコーチ・リンは続投ですから、期待はできません。ドラフトで誰を・・・とかよりも、長年の問題である、怪我しないための管理チームのアップデートが必要でしょうね。もしかしたら、怪我人を少なくおさえられれば、ヘッドコーチがだれであっても関係なく、9-7 以上取れるのでは??

他方、リバーズ&コルツは勝利して、リバーズ最終戦にはならなかったようですね。引退しても大学チームの HC 就任が決まっているようですから、まあ、シーズン終了後に引退なんでしょうね。もしも、スーパーボウル勝利での引退なら・・・チャージャースは猛反省する必要がありそうです。選手に能力はあったのに、管理がちゃんとできなかった、と。

ロサンゼルス・ライバルのラムズは勝利でプレーオフ進出。ますます差が付きますね。

早くも来シーズンの対戦チームが発表。プレーオフ・チームのブラウンズ、同スティーラーズ、カウボーイズ、ジャイアンツ、ペイトリオッツとホームで対戦。ベンガルズ、プレーオフ・チームのレイブンズ、イーグルス、ワシントン、そしてテキサンズと敵地で。敵地で勝ってホームで落とす、というイメージになるでしょうか。
posted by masa at 11:17| サンディエゴ ☀| Comment(2) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Daznのレッドゾーン&ESPNのGamecastで見てましたが、なかなかチャージャーズが写らないゾーでした。
0−7、7−7,7−14,14−14
で、KC2ヤードでの4Th&Goalでダウン。え、何やってんの。でもこの後のセーフティで流れを取り戻したかなあ。16−14、24−14。
後は安心の試合展開。いつもこんな試合だったら、いらいらせず1週間過ごせるんだけどなあ。
ドラフトは13位確定でいいんでしょうか。この順位で、どのポジションの誰を取るのか、誰が取れるのか。興味はそこに。masaさんの予想は?
後、コルツのプレーオフ、応援してしまっています。やっぱりリバース、長年のアイドルでしたから。
Posted by goripon at 2021年01月04日 22:06
goripon さん、

大学フットボールの知識はまったくありませんが、ハーバートを生かす選手を取るなら・・・ちょっと物足りないマイク・ウィリアムズより良さそうなレシーバーかパワー系RBで、そのあとTEでどうでしょう? というより、HCとコンディショニング・チームの差し替え・・・そしてオーナー、そしてフランチャイズ移転(SD戻し)がいいのではないでしょうか!!
Posted by masa at 2021年01月05日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]