2021年01月15日

【Padres】大塚投手が第3位

パドレスの国際選手ランキング、ベスト5の第3位に大塚投手がランクイン

もうすでに大昔といってもいいかもしれないレベルですが、投手王国時代のパドレスは、大塚投手・ラインブリンク投手、そしてレジェンドのトレバー・ホフマンとつないでの勝利の方程式がありましたから、なんとか6回まで1点でもリードしていれば勝つ、そういうチームでした。貧弱打線を投手力、主にブルペンでカバー。ある意味、夢があるチームでした。

2004 年に 32 歳でメジャーデビュー。来シーズンの菅野投手のようでしょうか。強烈なインパクトがある割には、パドレスでは2シーズンしかプレーしていないようですね。のちにドジャース行きのエイドリアン・ゴンザレス+クリス・ヤング投手とのトレードで放出となったようです。

そういえば、1994 スーパーチャージャースでミーンズのバックアップ RB として活躍したと思ったビエネミーですが、数字的にはそうでもなく、チャージャース在籍も短く、新 HC に最適かと思ったら、他に取られそうですね。チャージャース新 HC 探しの旅は長期戦で構わない戦略のようですから、残り物に福があるのか、良い人材がいなくなってしまうのか、ギャンブルです。ディフェンス系 HC のほうが、チーム再建できると思いますけど。本当なら、ロン・リベラさんとかを確保しておけばよかったのに。ラムズ DC のステイリーさんは、どうなんでしょうね。
posted by masa at 09:32| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]