2021年02月18日

【Padres】タティース Jr が長期契約合意の模様!

確かまだ2シーズンぐらいしか活躍していませんが、若いうちに確保するために 10 年契約とか言われていたタティースですが、なんと 14 年契約で合意の模様! その価格は $340M、3 億 4000 万ドルですから、1ドル 100 円で計算しても 340 億円。単純に割っても、年 20 億円以上?!

若手を育てては放出、を繰り返してきたパドレスですが、マチャードのおかげで本気で戦う、という意思の表れでしょうか!?

トレード拒否権は、まさかつかないでしょうけど、かなり思い切った勝負ですから、今シーズンから地区4連覇、うち2回はワールドシリーズ進出、1回はワールドシリーズ制覇、ぐらいの勢いで行って欲しいです。MLB パワーランキングではドジャースに次ぐ2位となっていますので、まずは地区内の戦いを大事に!!
posted by masa at 11:26| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

【Padres】地元出身先発投手を獲得

パドレスが先発右腕を獲得。ピッツバーグ・パイレーツの、キャリア 29 勝 38 敗、防御率 4.33 の 28 歳、ジョー・マスグローブさん。将来性があるようですが、代わりに放出は若手で、OF ハドソン・ヘッド、右腕 デビッド・ベッドナー、左腕オマー・クルーズ、右腕ドレーク・フェローズ。関連してニューヨーク・メッツにジョイ・ルチェッシを送り、パイレーツはメッツからロドリゲスを獲得。

マスグローブ投手はエル・カホン出身のようですが、まさかそれだけでは獲りませんよね? 昨シーズンに怪我で2週間ほど欠場してから、素晴らしいピッチングをしたことにより、今シーズンのブレイクアウトの有力候補となっていたようです。先発ローテでの開花を狙うようです。

放出したルチェッシは 2018、2019 と活躍しましたが、2020 は出番も少なくなったため、放出されたようです。他の若手も、数揃え以上のチャンスはあったようですが、相次ぐ補強によりあふれた、ということみたいです。

スネル&ダルビッシュ級では全然ありませんが、また1人、先発投手が加わりましたから、ますます田中投手の日本復帰が現実に近づいた、と言えるでしょうね。「MLB 契約より高額になる強い興味」を日本から得ている、ということなので(1月18日時点)、どうやらパドレス入りはなくなった、と言って問題ないでしょう。万一のことがあるならば、2022 シーズンは超豪華5本柱でしょうか??
続きを読む
posted by masa at 13:32| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

【Padres】大塚投手が第3位

パドレスの国際選手ランキング、ベスト5の第3位に大塚投手がランクイン

もうすでに大昔といってもいいかもしれないレベルですが、投手王国時代のパドレスは、大塚投手・ラインブリンク投手、そしてレジェンドのトレバー・ホフマンとつないでの勝利の方程式がありましたから、なんとか6回まで1点でもリードしていれば勝つ、そういうチームでした。貧弱打線を投手力、主にブルペンでカバー。ある意味、夢があるチームでした。

2004 年に 32 歳でメジャーデビュー。来シーズンの菅野投手のようでしょうか。強烈なインパクトがある割には、パドレスでは2シーズンしかプレーしていないようですね。のちにドジャース行きのエイドリアン・ゴンザレス+クリス・ヤング投手とのトレードで放出となったようです。

そういえば、1994 スーパーチャージャースでミーンズのバックアップ RB として活躍したと思ったビエネミーですが、数字的にはそうでもなく、チャージャース在籍も短く、新 HC に最適かと思ったら、他に取られそうですね。チャージャース新 HC 探しの旅は長期戦で構わない戦略のようですから、残り物に福があるのか、良い人材がいなくなってしまうのか、ギャンブルです。ディフェンス系 HC のほうが、チーム再建できると思いますけど。本当なら、ロン・リベラさんとかを確保しておけばよかったのに。ラムズ DC のステイリーさんは、どうなんでしょうね。
posted by masa at 09:32| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

【Padres】また投手を補強へ??

行先未定の田中投手、すでに5人ローテーション・ランキング1位に挙げられているパドレス入りへ??

現在のパドレスのローテーションは、

1. ダルビッシュ
2. スネル
3. ラメット
4. パダック
5. エイドリアン・モレホン(左)

と、実績が薄い(と思う)モレホンを除いては素晴らしく、あえて言うならパダックが復調しない場合には誰が入るのか、というところですが、それにプラス? それはもう、いるに越したことはありません。

ランキング2位はドジャース、カーショー、ビューラー、ユリアス、プライス、メイと並んでいますが、詳しくは知りません。3位は、インディアンスかそうじゃないかわからないクリーブランドと続いています。

しかし、楽しみなのは、忘れてはいけないクレビンジャーの 2022 復活です。仮に、2021 シーズンが COVID により予定通りに進まなくても、その次のシーズンは、完全独走あるいはドジャースと並走してもいいぐらいの投手陣になりそうです。

さらに Masahiro Tanaka 投手を獲得となったら、金満体質ドジャース並みの投資により、W を購入していると言われても仕方ないほどの投入具合。タティースの件もありますし。

オーナーグループが破綻しないよう、気を付けていただきたいです。
posted by masa at 10:18| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

【Padres】タティース Jr と超大型契約へ?

期待して獲得したクレビンジャーは手術により 2021 シーズンは全休になりそうですが、サイヤング賞投手のスネルと、ダルビッシュを獲得し(期待していたデービーズを放出)のパドレス、長年悩まされた貧弱打線もホズマーやマチャードを獲得して強まり、タティース、クロネンワース、グリシャムと台頭して、ドジャース討ちに本気です。どうしたんでしょうか??

今、タティースとの超大型契約に向け前進中だそうです。

2019 年は、84 試合 334 打数 106 安打 22 HR で打率 .317。
2020 年は、59 試合 224 打数 62 安打 17 HR で打率 .277 ですが、存在感は数字以上ですね。

そんなタティースと「マッシブな」契約更新? 11 年 3 億 2000 万ドルと言われているようです。10 年前後になる可能性もあるようですが、11 年契約ならパドレスにとって過去最長の契約となる模様。

2024 シーズン終了までは FA になりませんが、それでもその先 7 年確保。今 22 歳なので、11 年後でもまだ完全現役の予定になりますから、まだまだその先も楽しみがあります。

これまでは若手を育てて、契約高騰して、他チームへの放出を繰り返してきたパドレスですが、今は違いますねぇ。本当に、どうしたんでしょうか。オーナーは・・・グループのようです。または、会長職がロン・ファウラーさんからピーター・サイドラーさんに引き継がれたようなので、指揮権は1名なのかも知れません。UCLA 卒の法律事務所の所長みたいです。

まだしばらく不安な時期は続くでしょうけど、Go Padres!
posted by masa at 10:33| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

【Padres】そのトレードには賛成しません

パドレス、ダルビッシュを獲得しましたが、どうやらザック・デービーズを放出した模様。ほか、17 歳の SS プリシアード、18 歳の OF ケーシーを放出。全部で 7 選手が関連するようですから、あと 3 名です。

ちゃんと記事を探すと・・・

パドレスはダルビッシュと、カブスの控えのキャッチャーのビクター・カラティーニを獲得。デービーズと、上記2名のほか、サンタナとメナを放出。

先日レイズからスネルを獲得して、今回ダルビッシュを獲得してもデービーズがいなくなり・・・。なんとなく目先に利益に向きすぎ感がありますけど、しかし、いつからそんなお金があるチームになったのでしょうか?? 若手を育ててもいつか出ていくチームなんだとしても、デービーズはもったいない感じがします。
posted by masa at 14:24| サンディエゴ ☔| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

【Padres】ダルビッシュ獲得?

カブスのダルビッシュ、若手有望株が豊富なパドレスとのトレードが浮上しているようですが、どうでしょうか。確かにクレビンジャーが手術で投げられないシーズンになりますが、デービーズみたいな若手を育てる(そして放出する)のがパドレスですから、若手を放出するのは不安です。クロネンワースみたいな選手が放出されると困ります。

パドレスも、スワローズも、頑張って!
posted by masa at 09:02| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

【Padres】クレビンジャーが手術へ

Padres が獲得した先発エース候補のクレビンジャーですが、無理して投げたせいなのかはわかりませんが、TJ 手術により 2021 シーズン全休に加え、もっと時間がかかるかもしれない、と。とんでもなく残念ですし、先発投手陣に大きな狂いが生じたことに間違いありません。モーランドを捨てたお金で、デービーズみたいに未来ある投手を獲れるか、育てられるでしょうか??
posted by masa at 17:17| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

【Padres】グリシャムがゴールドグラブ賞を獲得!

まだ 24 歳になったばかりのトレント・グリシャム、センターの守備でゴールドグラブ賞を獲得! ドジャースのベリンジャーと、ブレーブスのアクーニャを超えて! NHK BS1 でやっている MLB The Best Play の常連選手を上回る!!

パドレスの選手としては、2012 年に3塁手として獲得したチェース・ヘッドリー以来だそうです。センターとしては、1995-1996 のスティーブ・フィンリー、2006 のマイク・キャメロン以来です。

最終候補に残っていたマチャードは、ロッキーズのアレナドに敗北。ティングラーとクローネンワースも何かに残っていたと思いますが、どうなったかな??
posted by masa at 09:24| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

【Padres】契約状況など

最重要プレーヤーの1人、タティース Jr はあと4年、チームのコントロール下にあるようですが、先手を打って長期契約を行う可能性があるということです。ここ数年、予算を抑えない補強に出て、やっと強くなってきましたから、打線はキープしたいですね。

重要な先発投手、クレビンジャーとラメットは、手術なしで行くそうです。再度怪我しないよう、十分に直して、先発として活躍して欲しいです。

クローザーの2人、カービー・イェーツとローゼンタールがどちらも FA です。ローゼンタールは最後こそ打たれましたけど、良かったような気がします。イェーツは怪我で終盤出場していませんが、そのぶん安く上がりそう・・・、最低どちらか残留ですね??

先発からリリーフに転向した(させられた?)ギャレット・リチャーズも FA ですが、チームの取り扱い状況から見ると、残留はないのかも知れません。FA になるキャッチャーのジェイソン・カストロは、ノーラのバックアップになるかも知れないですけど、若手キャッチャーでもいいでしょうか。ジュリクソン・プロファーも FA ですが、地味に活躍しているように見えましたから、ぜひ残留させて欲しいです。

ミッチ・モーランドは1年のチーム・オプションがあり、今シーズンはあまり目立っていませんけど、キープでしょうか。来シーズンに DH がなくなるようなら、出場機会が少ない割に高いかも知れませんけど。World Series 終了から5日以内に決断する必要があるようですけど、ルールが決まらないと決めにくいですねぇ。

よくわかりませんが、先発のデービースやファムが、年俸調停申請可能な最終年でしょうか。とすれば、揉めるかも? あとは、まあきっと、大丈夫でしょう。

オフシーズンの注目は、ピッチャーを獲得するか、と、元記事ではまとめられています。そうですね、先発はもう1人いたほうが安心かと思います。

とりあえず、打線としては来シーズンも大丈夫、投手陣をどうにかすれば、もう1回、夢を見られる、と言えそうですね。でも例年、スタートは良くても7月〜8月ぐらいから徐々に落ちて下位争いになりますから、特に先発投手、うまくまわしていただきたい!
posted by masa at 10:03| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

【Padres】NLDS Game 3

パドレス、昨日の Game 2 は、デービース先発でしたが、継投がうまくいかず、一気に連打を浴びて大量失点。それでもマチャド&ホズマーの連続ホームラン、最後は1点差まで追い上げ2アウト満塁まで作りましたが、届きませんでした。

気になったのはタティスの早打ちですが、怒られたのでしょうか、今日の第1打席はボールを見て四球。先発投手には多くの球数を投げさせなくては、パドレス得意の大逆転にはつながりません。

あとがありませんから、せめて1つは・・・、いや one at a time、今日、今、頑張って欲しいです。Gameday、1回終わって 0-0、ルーキー(ですよね?)のモレホンさん、頑張って投げて!
posted by masa at 10:26| サンディエゴ ☀| Comment(3) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

【Padres】NLDS Game1

融通が利かない MLB プレーオフ? シード順が低いマーリンズではなく、ドジャースとの対決!

クレビンジャーが先発したのはいいんですけど、まだ本調子ではなく、2回途中、しかも打者途中で降板。それ自体は、ゲームには影響しませんでした。

パドレス得意の継投戦略になり、ノーラのヒットで1点先制のパドレス!!

引き続き、なりふり構わぬ継投作戦、ルーキーのウェザーズが、MLB 史上2人目のプレーオフでのメジャーデビューを果たしたりして、中盤まではドジャース相手にノーヒット継投!!

続きを読む
posted by masa at 17:41| サンディエゴ 🌁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

【Padres】WCS ゲーム2!

3戦しかないワイルドカード・シリーズで後がないパドレス、ゲーム2もデービースで初回から失点し、中盤までにだいぶリードされて、仕方ない、だいたい全員プレーオフは初めてだし、この緊張感が経験となり、来シーズンにつながる、と、あきらめてゲームを追うのをやめましたが! まさかの、いやレギュラーシーズンとしてはよくあった、終盤の猛攻での逆転勝利! 調子を落としていたタティースが2ホームラン、マイヤーズも2ホームランなど、ホームラン攻勢! 対戦成績をタイにして、本日最終戦。

生中継はあるものの、J Sports 4 なので、今の契約では見られません。ウェブのゲームデイで観戦中!

敗退するならドジャースに負けたい。

Go PADRES !!
posted by masa at 08:30| サンディエゴ ☀| Comment(9) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

【Padres】vs カージナルス第1戦

J Sports で生中継しています。

ラメットとクレビンジャーはワイルドカード・シリーズから除外されていますが、パダック&デービーズで打線勝負?!
posted by masa at 08:49| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

【Padres】祝ポストシーズン進出!

遅くなりましたが、パドレス、2006 年以来 14 年ぶりのポストシーズン進出決定! 高い攻撃能力が効いています。今までは、2点、3点リードされたらそれで終わりでしたけど、今年は違います。終盤になっても、一気に突破できる能力がありますから!

一方、サンディエゴじゃないチャージャースは、王者チーフスを相手に、予定外の QB ハーバート投入!

続きを読む
posted by masa at 10:25| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

【Padres】首位決戦!

COVID 延期後のダブルヘッダーで、サンフランシスコ・ジャイアンツに連勝してチーム7連勝中のパドレス、首位ドジャースまでなんと 2.5 ゲーム差に迫っています。まさかの!!

そして本日よりドジャースとの直接対決3連戦、3連勝なら首位奪取! 本日 J Sports 3 で生中継!

ディネルソン・ラメット vs カーショー、難しい戦いですが、夢を見たいですね!

なお、31 勝 17 敗と、60 ゲームのシーズンの勝ち越しを決めたパドレス、2010 シーズン以来のシーズン勝ち越しです。ショート・シーズンでも通常シーズンでも、今のパドレスなら関係なくいけそうですが、このまま勝ち進んでも「ショート・シーズンだったからね」と、しばらくは言われそうですね。
posted by masa at 10:15| サンディエゴ 🌁| Comment(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

【Padres】ホズマー離脱!

昨日、ロッキーズ相手に、ディネルソン・ラメットの好投と、9回プロファーのサヨナラタイムリーツーベースで 1-0 勝利を収めたパドレスですが、衝撃! バント失敗したホズマーが、左手人差し指の骨折で 2-6 週間の離脱。相当状態が良くないと、シーズンに間に合わなくなりそうです。ホズマーにバント指令だなんて、よほど得点したかったんでしょうね・・・1回1アウトから? 謎です。手術は不要みたいですから、早期回復を願います。

そんなパドレスですが、もう今シーズンは、ポストシーズン進出を逃せません

2001 年以来ポストシーズンから遠ざかっているのはマリナーズ。今年も 19-22 と負け越し中で、チャンスはあまりありません。

2003 年以来のマーリンズは、18-18 であり、まだチャンスは十分に残っています。

そしてパドレス、26-17 と好調で、2006 年以来のポストシーズン進出は、ほぼ間違いなしです!!

あとは、2008 年以来のホワイトソックス、26-15 と好調で、こちらもほぼ間違いなしです。2011 年以来のフィリーズも、20-17 ですが、特に問題がない限りは大丈夫です。2013 年以来のレッドソックス、18-23 ですが、まだあきらめる必要はありません。あとは省略。

期待のクレビンガーで今日も勝って、地位を固めていきたいですね。
posted by masa at 09:52| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

【Padres】また大勝!

地区ライバルのコロラド・ロッキーズを相手に、初回から猛攻、17 安打 13 得点で大勝!
ホームランも、ホズマー、クローネンワース、プロファー、グリシャム、ネイラーと、以前のパドレスであればたまにしか出ないホームランが1ゲームで5本。

トレード期限前に、リリーフのローゼンタールとDH要員モーランドを手に入れたので、3位ロッキーズを引き離して、まずは2位を確保したいところ。

油断してはいけませんが、NL 東地区の3位はマーリンズで借金1、首位のブレーブスが貯金4なので、貯金6のパドレス以下。中地区も、3位のブリュワーズは借金3、首位のカブスは貯金6でパドレスと同じ。最低でも、ベストな3位は問題なさそうです。

なので貯金16のドジャースだけが異常に強いわけですから、無理にそこを狙う必要はありませんが、9月14日からドジャース3連戦がまだありますから、あわよくば、を狙える位置だとなお楽しいですね!

過去、パドレスがワールドシリーズに登場したとき、バスの行先電光表示に「GO PADRES!」みたいに表示されていたような。今シーズンはチャンスあり!

ジャイアンツと7つ残っていますから、ジャイアンツとしても逆転2位を狙って勝負でしょう。返り討ちに!!
posted by masa at 08:55| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

【Padres】大逆転勝ち in Game 1

昨日、人種差別事件を受けて延期になったパドレス対マリナーズ、本日ダブルヘッダーです。

変則ダブルヘッダーの第1戦、最終回の7回にマリナーズが4点取って 3-7 とリードされた最終回、タイ・フランスが空振り三振、プロファーがピッチャーゴロで2アウト、ランナーなし。ヘッジスがデッドボール、グリシャムがフォアボール、ワイルドピッチのあとタティースもフォアボールで満塁、ホームランなら同点のチャンス! Slam Diego!?

マチャードが2点タイムリーヒットで 5-7、パスボールとワイルドピッチで1点もらって、ホズマーのタイムリーヒットで同点! 新人クローネンワースがヒットでつないで、マイヤーズのサヨナラ3ランホームランで決着! 満塁弾だけではないパドレス打線、まあ、相手投手の大きな助けはありましたけど、それを無駄にしない打線!

1998 年頃の強かったパドレスは、大塚・ラインブリンク・ホフマンの最強クローザー軍団で相手を封じ込めるディフェンスのチームであり、それ以来、いつもいつも激しく弱い打線でしたが、今シーズンはまったく違いますねぇ。振り返れば、無理して思い切ってホズマーを獲得したあたりから、芽が出ていたと言えそうです。すぐにはインパクトはなかったものの、きっと今に生きています。

第2戦も6回ウラで 3-6 ですが、必ずしもあきらめなくてもいい打線、頼もしいです。もう1つ逆転勝ちして、波に乗って欲しいです。
posted by masa at 09:45| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

【Padres】 Slam Diego!

MLB Padres、MLB 史上初4戦連続満塁弾のあと、1つ空いてしまいましたが、ルーキーのクローネンワースが満塁弾で6戦で5満塁弾! 4連連続満塁の好機を作るのも難しいと思いますが、6戦で5発。全満塁のチャンスをホームランで得点でしょうか?

首位ドジャースは遠いですが、3位以下に転落しない位置をキープできるよう、頑張ってもらいたいです。

が、Slam Diego Padres! は、流行らないと思います。
posted by masa at 14:45| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする