2021年05月13日

【Chargers】2021 シーズン対戦スケジュール

スケジュールが発表されました。プレシーズンが1ゲーム減って、レギュラーシーズンが1ゲーム増えましたが、前倒しになるわけではないんですね。

プレシーズンはラムズ、49ers、シーホークスの3ゲームですが、ラムズとは共用スタジアムなので、2つホーム的な感じですね。

Wk1 9/12 at WAS(7-9)、いきなりシーズンを占うゲームになりそうです。
Wk2 9/19 DAL(6-10)、つまずきたくないですが、接戦でしょうね。
Wk3 9/26 at KC(14-2)、結果によらず、早めに KC 敵地戦はいいですね。
Wk4 10/4 MNF LV(8-8)、勝たなければ上位進出はありませんから。
Wk5 10/10 CLE(11-5)、若手 QB のトップを競う戦い!
Wk6 10/17 at BAL(11-5)、ここをどう切り抜けるかで後半が決まりそうです。
Wk7 BYE
Wk8 10/31 NE(7-9)、善戦で終わるか倒すかで結果が大きく違います!
Wk9 11/7 at PHI(4-11)、必ず勝ちたい。
Wk10 11/14 MIN(7-9)、気を抜いてはいけません。
Wk11 11/21 SNF PIT(12-4)、QB 世代交代がかかる大勝負になりそうです。
Wk12 11/28 at DEN(5-11)、ここで第1戦というのは難しい勝負になる可能性も。
Wk13 12/5 at CIN(4-11)、必ず勝ちたい。
Wk14 12/12 NYG(6-10)、必ず勝ちたい。
Wk15 12/16 TNF KC(14-2)、まあまあ、勝てるとまでは思いませんが・・・。
Wk16 12/26 at HOU(4-12)、休養十分で余裕で勝利したいですね。
Wk17 1/2 DEN(5-11)、混戦なら勝った方がワイルドカードという対戦に?!
Wk18 1/9 at LV(8-8)、ものすごく寒そうですね。RB の活躍に期待です。

AFC North との対戦があること以外は、比較的有利なスケジュールに見えます。ライバルチームも基本的には AFC North と NFC East と当たるはずなので、それ以外の対戦チームに左右されますが、それでも有利に思えますから、チャンスありです。が、いくらチャンスありと言っても、狙えるのはワイルドカードですので、12-5 を目指すとすれば、その 5 敗は、KC、KC、LV、BAL、PIT ぐらいで済ませなくてはいけません。CLE や MIN、NE、DEN に負けてしまうとラッキー待ちになりますから、簡単ではありませんね。
posted by masa at 10:09| サンディエゴ ☁| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

【Chargers】ドラフト終了

もうすでにドラフト終了したからしばらくが経過していますが、確認しておきます。

1巡(全体13位)は OT の RASHAWN SLATER さん(6-foot-4, 304 pounds)です。読み方はラショーン・スレーターのようです(レイショーンではなく)。なかなかオフェンスラインを強化しないチャージャース、オフェンスラインの1巡強化は 2013 年の DJ フルーカー以来ということですが、ハーバートが想像以上に良かったので、オフェンスラインを強化です。選択は正解であるとは思いますが、ハンター・ヘンリーを引き留めなかったのは謎です。

2日目は、CB Asante Samuel Jr.、WR Joshua Palmer、TE Tre' McKitty の3名を指名。CB ヘイワードを捨てたんでしたっけ? 壊れやすい Dジェームスなので、バックアップは必須ですね。WR も KA13 に続くプレーヤーがいないので(Mウィリアムズがいまいち伸びてない気がします)獲っておくのは悪くないでしょうけど、補強したとはいえ TE が手薄で、ここで TE は遅くないでしょうか? まあ、アントニオ・ゲイツはドラフト外ですけど、そういう期待はしないほうが安全です。

そのあとは、DE Chris Rumph II、OG Brenden Jaimes、LB Nick Niemann、RB Larry Rountree III、そして DB Mark Webb ですね。必要に迫られた選択に思えますので、キッカーやパンターを試す余裕はなかったんですね。

オフェンスとディフェンスのバランスは難しいですが、もしエクラーが安定するなら、あるいは RB がしっかりするなら、そして TE がちゃんと仕事をするなら、オフェンスはかなり良くなりそうですね。ディフェンスは目立ってどうという感じはありませんが、怪我しないように気を付けるだけで、アップグレードと言えるかも知れません。キッカーは、頑張る必要があるでしょうね。

今いちばん気になるのは、ティーボウが TE として復活するかも知れない、というニュースです。ロスターに残る可能性は低いようですが、面白そうです。

もう1つメモです。Android の Chargers App が、「Thank you for attending...」のような通知をずっと、1日に何度も出してくるのですが、タップしても何も起きず、消しても消しても通知が出るので、まだ続くようならアプリ削除もあり得ます。何にも参加してませんから。
posted by masa at 16:08| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

【Padres】調子が戻るか?

シーズン最初のドジャース3連戦、2連敗のあと1つ勝って調子に乗るかと思いきや、打線は振るわず先発は粘れず、ブリュワーズのまさかの3連敗で勝率5割まで後退し、期待倒れ感がでています。しかもラメットが先発に戻って、これで手術のモレホンがいなくても大丈夫、と思ったら、2回を投げて怪我交代。手術は回避して、IL 入りになりそうです。

先発ローテがずれて今日はダルビッシュではなくウェザーズ。ドジャースはビューラーなので、どこまで粘れるのかと思ったら、意外と本当によく粘り、ランナーは出しても三振を取るピッチング!

続きを読む
posted by masa at 14:36| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

【Padres】ダルビッシュ&スネル

LA トレインは止められるのでしょうか?!

止まらない LA ドジャースですが、こんなものすごい数字でシーズンが進むはずはありません。どういう事象であれ、最後は異常ではない、例外的数字で収まるはずです。

第2戦はダルビッシュ対カーショー、素晴らしい投手戦を、NHK BS1 で見られました。先にカーショーからチャンスを得ましたが、パドレス攻略できず。ダルビッシュは足先デッドボールからコントロールを崩して、まさかのカーショーへの押し出し四球。

1点差ならまだチャンスがあったものの、9回にも1点取られ、0-2 で敗戦。これでドジャースは 13 勝 2 敗ですから、このペースなら 130 勝 20 敗以上の成績となってしまう数字。貯金 100 超はありえないでしょう。

第3戦はスネル対バウアー。ドジャースは先発も揃っている上、打線も強いので手が付けられません。ドジャース、2回にテイラーのホームランで2点を先制し、3ゲーム・スウィープ態勢。頑張って激戦を披露しているパドレスですが、ここまで2敗ですから、弱いパドレスがドジャースにやられているのと数字的には変わりません。
続きを読む
posted by masa at 09:35| サンディエゴ ☀| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

【Padres】ゲーム・オブ・ザ・イヤー

MLB、開幕してまだ間もないと言ってもいいですが、今日のパドレス対ドジャースは、もう The Game of the Year 級!

パドレスはローテ5番手のモレホンが怪我で、ウェザーズが先発。ドジャースは 2019 年シーズンに 14 勝のビューラー。

細かいところはさておき、完全総力戦の末のドジャース激勝。パドレスにも何度もチャンスはありましたが、これだけ戦えれば悔いはない、といえるほどの戦い!

続きを読む
posted by masa at 17:31| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

【Padres】明日から頂上決戦!

スネルが早々に打ち込まれたり、前回ノーヒッターのマスグローブがピッツバーグに凱旋して連続無失点イニングが途絶えたりして連敗、自慢の打線が奮起できませんでしたが、今日はパダック、5回 99 球 3 失点(自責点 1)ながら、初回から打線が好調で圧勝、弾みがつきました!

グリシャム 5-2 で 2 得点、プロファー 4-2 で 1 四球、クロネンワース 2-2 で 2 四球、マチャード 3 号 2 ラン HR、ホズマー 5-2 で 2 打点と、書いていても素晴らしい成績! ショートのキム・ハソンが 5-0 で 打率 2 割を切って、先発したライトのマルカーノは打点はあるものの、エラーもあり、マイヤーズが戻れるのか戻れないのか、大事なポジションです。キャッチャーのキャンプサーノは打率 1 割を切ってますが、長期的視野に立つ(ポストシーズンまで)パドレスのマネージングとしては、カラティーニばかり使うわけではありませんし、ホズマーも休ませたりします。DH があるときはローテーション。

明日からのドジャース戦は、モレホン怪我のためやはり若手のウェザーズ、ダルビッシュ対カーショー、スネルの予定。でもきっと、打線の勝負になるんでしょうね。NHK BS1 での中継は第2戦、ダルビッシュの予定になっています。

ちなみにドジャースは 10 勝 2 敗で、今日もロッキーズを逆転してゲーム中。勝率差で 2 位は SF ジャイアンツ 8-4、3 位がパドレス 9-5。今の時点で貯金 4 以上あるのは、このほか、AL 東のレッドソックスのみ。ハイレベルですね!
posted by masa at 12:17| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

【Padres】若手モレホン投手負傷

地元エル・カホン出身のマスグローブ投手がノーヒッターを達成した翌日、パダックは勝利投手にはなれませんでしたが、打線が頑張って、若いウェザーズ投手につないでチームは勝利!

そしてローテ5番手 22 歳のモレホン投手は 15 球で故障退場していますが、スタメン投手から計7人を投入しての完封リレーで 3 ゲーム・スウィープ! 2-0 の 2 得点はグリシャムとマチャードのホームランと、ちょっと迫力はありませんが、ホズマーとマイヤーズが好調なうちは、打線に心配はなさそうです。

剛腕ラメットやタティースは早ければ来週にも戻ってくるようですから、楽しみです。明日はダルビッシュ、NHK BS1 で中継ありですね。ドジャースは休みのようですから、3-6 パイレーツを撃破して、0.5 差に詰めたいですね!

.. スワローズはもうすぐ青木選手と内川選手が戻れるタイミングと思います。逆襲を!
posted by masa at 08:53| サンディエゴ ☁| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

【Padres】シーズン初の敵地戦で!

パイレーツの開幕投手だったジョー・マスグローブですが、今はパドレスでダルビッシュ、スネルに続く3番手。しかし!

有原投手先発によるレンジャースとの戦いは、NHK BS1 と J-Sports のダブル生中継。しかも、ホズマーの見事なホームへのスライディングで 3-0 とリードして、有原投手を攻略! そのままマスグローブが快投!

現存メジャー球団で唯一ノーヒット・ノーランを達成したことがなかったパドレスにとっての初のノーヒッターが、パドレス移籍2ゲーム目、そしてなんといっても地元出身のマスグローブ! おめでとうございます! 場所はサンディエゴではありませんけど、パドレスの歴史に、サンディエゴ出身のピッチャーの名が刻まれました!!

次回のダルビッシュ先発も生中継があるようですから、今シーズンは日本の TV でも楽しめます!

早速グリシャムが戻り貢献していますから、あとはラメット、そしてタティースが戻るまで、投手陣やキム・ハソンさんが頑張ってくれれば!
posted by masa at 13:50| サンディエゴ ☁| Comment(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

【Swallows】奥川投手初勝利

初回から5被安打4失点スタートの2年目・奥川投手ですが、すぐに打線の援護があり同点。いったんリードを許しても、またも打線の援護を受けての5回を投げて初勝利。期待していますので、もうちょっと頑張ってお願いします。

タティース負傷のパドレスは、開幕ダイヤモンドバックス4連戦を3勝1敗と好スタートでしたが、続くジャイアンツ戦を1勝2敗と負け越し、ここまで4勝3敗で、5-2 のドジャースを追う展開です。ドジャースは、なかなか負けません。ダルビッシュ投手も、もうちょっとのところで勝ちきれません。次戦は敵地でレンジャース、有原投手が先発予定となっていますから、NHK BS で中継があるかも知れません。パドレスは3番手のマスグローブ。もう1度好投すれば、かなり使えるピッチャーであると証明できそうです。

10-day IL 入りしたタティースは、手術は回避する模様。もし手術なら、最低数か月、場合によってはシーズン終了となってしまうようです。状態は、左肩の部分脱臼と、labrum の部分断裂だそうです。labrum は、「関節唇」だそうです。きっと肩を悪くしているのでしょう。左肩はずっと問題が続く箇所であるそうですから、復帰の時期の前に、様子を見るようです。長期的視野に立てば、(無理しての)早期の復帰はない模様です。記事を最後までは読み切れていませんが。

怪我も治って、良いシーズンになることを期待します!

posted by masa at 09:27| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

【Padres】パダックは復調した?

昨シーズンならエース級だったと言ってもいいはずの先発パダックですが、ダルビッシュ、スネル、マスグローブとトレード組3枚のあとにまわっての4番手。もちろんラメットが怪我していなければラメットが先だったのでしょう。昨シーズンは調子が上がらなかったパダックが復調なら、怖いものはありません。

が、初回から失点。1アウトから四球、ヒット、3塁打で2失点したようです。2回のパドレスはノーアウト1塁3塁からの無得点で「らしくない」攻撃を見せると、四球とヒットのあとの内野ゴロの間に1失点と、良くありません。失点は以上ですが、攻撃がうまくいかず、最終回のタティースのホームランで1点を返したのみ。4ゲーム・スウィープならず、しかもドジャースと並んで 3-1。

とはいえ、開幕3連勝は 1984 シーズン以来で、チーム史上4回目の快挙だということで、調子を崩したくはありません。明日からジャイアンツ3連戦、ラメットの代わりのモレホンさんで勝利を取れれば、再びダルビッシュ、スネル、マスグローブの強力先発陣で最低2勝は計算できますから、大きいです。

Go PADRES!
posted by masa at 15:24| サンディエゴ ☀| Comment(0) | NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする